子どもの権利委員会

三重弁護士会 >  各種委員会・支援センター等 >  子どもの権利委員会

 子どもの権利委員会では,少年事件,学校教育,児童福祉といった子どもの権利に関する調査・研究などを行っています。児童相談所など関係機関との連携,裁判所との協議のほか,以下の活動も行っています。

子ども弁護士ダイヤル

 「いじめ」,「体罰」,「虐待」など「子どもの人権問題」に関する「子どもからの」相談を無料で受け付けています。
※三重県内にお住まいか,三重県内の学校又は職場に通学・通勤している方に限ります。

未成年者のあなたは、こんなことで悩んでいませんか?

 ●学校でいじめられている。親にも言えない。どうしよう…。
 ●学校の先生のことで悩んでいる。友達にも相談できない。
 ●親から殴られたり、蹴られたりしている。誰に頼ればいいのだろう…。
 専門家の弁護士が、無料であなたの悩み相談に乗りますよ!

専用電話番号

 059-224-7950(ナクコ・ゼロ)

受付時間

 平日午前9時〜12時、午後1時〜5時

相談方法

 専用電話番号で相談の受付を行い、弁護士から折り返し電話いたします。

 相談対象となる方は、原則として、子ども(未成年者)です。子ども(未成年者)からの相談であれば、どんな悩みでもOKです。
気軽に電話してください。 相談した内容は、家族にも、学校の先生にも、だれにも言いません。相談は無料です。お金はいりません。安心して電話してくださいね。

いじめ予防授業 ~弁護士が伝えるいじめのお話~

 三重県内の小学校を対象に、弁護士を講師として無料で派遣する「いじめ予防授業」を実施しています。
弁護士を講師として無料で派遣する活動を行っておりますので,県内小中学校教職員の皆様におかれましては「いじめ予防授業」の積極的なご活用をお願いいたします。
 申込方法,詳細につきましては下記のとおりです。

 第183回国会(常会)において「いじめ防止対策推進法」が成立し、平成25年6月28日公布され、同年9月28日に施行されました。
 三重県においても、同法12条を受けて平成26年1月29日に「三重県いじめ防止対策基本方針」が策定され、三重県下の各市町・各学校でも順次方針が策定されております。
 同法及び各いじめ防止対策基本方針によれば、いじめ防止のためには、いじめの早期発見・早期対応とともに、いじめの未然予防が重要な対策の1つとなっております。そして、いじめの未然予防のためには、児童等自身がいじめに関する理解を深め、絶対にいじめが許されないことを理解することが必要です。
 当会では,上記の未然予防の点を重視し、いじめ予防の観点から児童等のいじめに関する理解を深めるべく、希望の小学校を対象に、「いじめ予防授業」を行うこととなりました。

授業の目的

 弁護士は「いじめ」の相談・交渉・裁判をすることがあります。
 しかし,弁護士は「いじめ」が酷くなった後に関わることが多く、いじめ被害をなくすには、いじめが起こらないようにすることや、いじめが酷くならないように予防することが重要です。
 そこで,いじめ問題に関わる弁護士が、子どもにいじめが絶対に許されないことを伝え、いじめを止めるためにできることを考えてもらうことを目的にしています。

授業の内容

 過去に起きた実際のいじめ自殺事件を題材に、いじめが人権侵害であり、絶対に許されないことであることを伝えます。
 なぜいじめは絶対にしてはいけないのか、いじめが酷くなるとどうなるか、いじめる側といじめられる側の感じ方の違い,いじめを止めるために一人一人ができることを、一緒に考えていきます。

授業形態

 講  師:1クラスあたり1人の弁護士を派遣します。
 対象学年:小学校5・6年生を対象とします。
 授業時間:1コマ(45分~50分)
  ※ 講師人数,学年,授業時間につきましては、ご要望がありましたら柔軟に対応させていただきます。

申し込み方法

 いじめ予防授業の費用は、交通費も含めて無料です。実施希望日の2か月前までに、三重弁護士会まで下記申込書にてお申し込み下さい。
その他,詳細につきましては、下記までお問合せ下さい。

 いじめ予防授業申込書ダウンロード(PDF)

【連絡先】
 三重弁護士会 子どもの権利委員会
 〒514-0032 津市中央3-23
 電話 059-228-2232 / FAX 059-227-4675

当番付添人制度

 津家庭裁判所で観護措置決定を受けた少年が、1回目までは無料で弁護士と面会してアドバイスを受けることができる制度です。
少年のご両親も要請可能です。当弁護士会までご連絡ください。