三重弁護士会について

三重弁護士会 >  三重弁護士会について

三重弁護士会では、基本的人権の擁護と社会正義の実現のために、あらゆる分野で活動しています。

ごあいさつ

 平成29年度三重弁護士会会長に就任いたしました飯田聡です。
 三重弁護士会の会長の任期は1年間であり、私は平成29年4月1日から平成30年3月31日まで会長を務めさせていただきます。
 三重弁護士会は、三重県内の全弁護士が加入する団体であり、平成29年4月1日現在において、登録弁護士数は190名となっております。
 司法制度改革により、司法試験合格者が増員された結果、三重県内の弁護士数は過去15年で約2.5倍にまで急増しており、近年も年間約10名のペースで増加し続けています。
 弁護士は「基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」を使命としており(弁護士法第1条)、より端的には、法的問題で困っている方々に手を差し伸べることが期待される職業であって、苦しんでいる方々に寄り添うことを期待される職業です。
 しかしながら、このような我々弁護士に対する期待は、弁護士事務所の「一私企業」としての健全な経営と、弁護士の「一人間」としての健康な心身の上にしか成立しないという制約がございます。
 司法制度改革による弁護士数の増員は、本来、より多くの方々に手を差し伸べる機会を増やすことが期待されてなされたものであるという見方もありますが、現実には、急激すぎる弁護士数の増加のために個々の弁護士の経営に余裕がなくなり、また、経営者の立場の弁護士から求められる制約も大きくなり、世の中のお役に立ちたいという気持ちを持ちつつも、公益性が高くとも経済的に見合わない業務の遂行が困難になっているのが現状です。また、経営に余裕がなくなる状況下において、ストレスの多い業務を多数抱え、心身の不調をきたす弁護士もいないわけではありません。
 今年度は、このような状況の下で、弁護士会の対内的には、弁護士が広く安定的に公益性の高い活動を行うための体制の整備、また弁護士の心身の健康の確保のために有益な取り組みを講じてまいりたいと考えており、他方で対外的には、県民の皆様からの弁護士会に対するアクセスを円滑にし、さらには、弁護士の職務・職域の幅を広げるための取り組みを進めてまいりたいと考えております。
 三重弁護士会は、三重県における唯一の公的な弁護士の団体として、その社会的責任を自覚し、県民の皆様の期待に、安定的かつ持続的に応え続けることを目指して努力して参りますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

    平成29年4月1日

三重弁護士会              
会長 飯 田  聡          

組織概要

名称

三重弁護士会

現在地

【三重弁護士会館・津】〒514-0032 津市中央3-23
【三重弁護士会四日市支部】〒510-0068 四日市市三栄町2-11 三栄ビル2階

役員

会長 飯田 聡

会員数

弁護士 190名 (平成29年4月1日現在)